ぶどう狩り

栽培品種のご紹介

  • 種無しデラウェア

    収穫時期
    7月下旬〜8月中旬

    たねなしブドウとして最も親しまれている大衆種。アメリカ原産。

  • 種無し巨峰

    収穫時期
    8月中旬頃

    ブドウの王様と呼ばれ消費者に人気が高い。
    肉質は緊まり、果皮と果肉の分離はほどほどに、やや多汁で糖度高い。酸味も適度で上品な香りがある

  • 種なしピオーネ

    収穫時期
    8月下旬頃

    種無しピオーネは、巨峰とマスカットをかけ合わせた極上の品種で、よく、「黒ぶどうの王様」と言われます。栽培者には最高の葡萄です。
    たっぷりと実が詰まり、皮が張りさけんばかりに大粒なのが特徴で、とても重量感があります。
    爽快な味がいつまでも口の中に残るほど、果汁に溢れて、一粒食べたら止まらなくなるほど美味しいです。

  • ブラックビート

    収穫時期
    8月中旬頃

    黒いぶどうを代表する「藤稔」(ふじみのり)と「ピオーネ」の交配種。
    ピオーネ譲りの強い甘み+華やかな酸味そして、藤稔を彷彿させるスッキリした後味。
    癖になる美味しさ贅沢な味わいです。

  • シャインマスカット

    収穫時期
    8月下旬頃

    ここ数年世界中で大人気のぶどう。大粒で肉質は良く食べるとお口の中でマスカットの香りが広がります。日持ちも良く脱粒性もない。

  • ピッテロビアンコ

    収穫時期
    9月上旬頃

    勾玉状に粒が曲がっているのが特徴。
    イタリア原産(または北アフリカ)で、別名はレディーフィンガー(淑女の指)とも言われる。
    果皮は薄く、皮ごと食 べられることでも人気。
    肉質も緊まり、歯ごたえも人気。酸は少なく香りはない。

  • 翠峰

    収穫時期
    9月中旬頃

    種なしは、ピオーネ、伊豆錦、藤稔、ゴルビーに並ぶ大粒のぶどう。
    完熟すると香りも食味も上品で甘い。

  • 本甲斐路

    収穫時期
    9月中旬頃

    日本の「赤いマスカット」ととも呼ばれる人気の欧州種。
    果肉は崩解性で緊まっているが欧州種としてはやや軟らかく多汁である。
    果皮と果肉は分離しないので、一部、皮を剥いて食べるとよい。
    糖度は高く、上品なマスカット香がある。独特のコクと旨味が根強い人気。

  • マスカットベリーA

    収穫時期
    9月下旬

    酸味もあり、食味は濃厚。赤ワイン用原料として日本の代表的品種。

  • 甲州

    収穫時期
    9月下旬

    勝沼原産と言われる歴史的品種。日本の白ワインの原料として代表的品種。
    風味よく、多汁で果皮は厚く果肉との離れもよく食べやすい。
    適度に酸味があり、渋味も若干ある。香りはほとんどない。
    貯蔵性があり次年の春まで保存できる。郷愁を誘う素朴な味で、特にご年配に人気が高い。

美味しいぶどうができるまで

施肥・土壌改良

おいしいぶどうを作るためには、根と葉が元気でなければなりません。冬にそのエネルギー源の肥料を施します。土を掘り返し、根が良く伸びる環境作りをします。

剪定・整枝

冬の落葉のあと、今年伸びた枝を切ります。果実のなった枝を6芽残して切ります。発芽後、多すぎる新しい枝(新梢)を間引きします。 新梢を全部残すと立派なぶどうが収穫できません。


ぶどうの新芽


ぶどうの花

摘粒袋掛け・ 摘心・副梢整理

ブドウは花蕾が多いと、養分が分散されて結実不良になりやすいので、 それを回避するため、花穂の一部を切り取る、房づくりを行います。
品種によって切る場所や残す大きさは異なりますしそれぞれの農家さんによっても異なるかと思います。粒と粒が大きくなるとき、互いに押し合わないようにバランスを見ながら粒をぬきます。


筆を使って粒と粒の間のはなかすを綺麗に取り除きます。


傘かけ
白い傘かけ、透明の傘かけ、茶色の傘かけを致します。品種によって異なります。


ぶどうの袋掛けを終えて、最終準備となります。

シーズンスタート

いよいよシーズンスタートです。糖度計の数値と実際に、自身の舌で確かめて、お客様にお出ししても美味しく感じられるかどうか。これがとても重要です。この時期は、お天気が続くと、どんどんと糖度が上がっていきます。最終的に富岳園でも太鼓判の押せる糖度に達したところで、もぎ取り開始!となります。


糖度計と舌でチェック


糖度計でチェック

今年も美味しくできました。

instagram#fugakuen#富岳園