富岳園のぶどう作り

エコファーマー認定農園
番号:1724782
安全・安心な農薬と肥料を規定内で使用している生産者として山梨県の認可を得ています。

佐藤定之

山梨の豊かな自然で育ち、外観や糖度などに妥協せずこだわりぬいたぶどうを全国に発送しています。
本場、山梨県勝沼のぶどうの味は、デパートやスーパーにおかれているものでは味わうことができない、別格の品質と甘さを持っています。
もぎたて新鮮なぶどうをぜひお試しください。
『ポジティブリスト制度』が2006年に決まり、安全・安心・甘い本物のぶどうを食べていらっしゃいますか?
当園では畑に屋根をかけてぶどうに雨や風が当たらないので、病気が少なく農薬も極力減らす努力をしております。大変な農作業もお客様の笑顔を思い浮かべながら頑張っております。



雨が降ると自動で屋根が閉まります。


有機栽培にこだわっています。


ぶどうの新芽
ぶどうの花

 農作業順番 
房作り
ブドウは花蕾が多いと、養分が分散されて結実不良になりやすいので、
それを回避するため、花穂の一部を切り取る、房づくりを行います。
品種によって切る場所や残す大きさは異なりますし
それぞれの農家さんによっても異なるかと思います。
作業前 作業後
摘粒
粒と粒が大きくなるとき、互いに押し合わないように
バランスを見ながら粒をぬきます。
作業前 作業後
筆を使って粒と粒の間や枝を綺麗に!!
綺麗にすることによって消毒の回数を減らせます。
傘かけ
白い傘かけ、透明の傘かけ、茶色の傘かけ
用途によって分けています。

品質も厳しくチェックしています。

糖度計でチェック 糖度計と舌でチェック

最新の富岳園の様子は…
富岳園日誌(ブログ)GO!!

TOP〕 〔こだわり〕 〔栽培品種〕 〔富岳園日記〕 〔食べ放題〕 〔道案内〕 〔リンク〕 〔手作りコーナー

△このページの先頭へ